banner

インターネットでビジネスを行う場合、ある時点で耳にすることが多いのが「オールドドメイン」です。オールドドメインとは、文字通り「古いドメイン」です。古いというと少しイメージが悪いので言い換えると、「長く存在しているドメイン」です。ドメインが長く存在していることは、「ある目的」のためには非常に有効に作用するのです。

その「ある目的」とは「SEO」です。この言葉も、人によっては「?」と感じてしまうかもしれません。SEOはWebビジネスにおいては意識せざるを得ない、いわば「常識」ともいえるものです。それは「サーチエンジン最適化」、つまり「検索エンジンに対してWebサイトを最適化する」という一連の行為の総称です。その取組みの中に、「ドメインの年齢」を考えるということが含まれているのです。

ドメインは、一度Webサイトを立ちあげてしまうと簡単には変えられるものではありません。そして、作ったばかりのドメインの年齢をいきなり長くカウントさせることもできません。ドメインは人と同じように確実に加齢していくものです。ある程度成熟させるためには、「待つ」しかありません。ですから、一旦作ってしまったWebサイトのドメイン年齢を長くしたい場合には、長く存在したドメインに「移設」するしかないのです。

一旦作り上げたWebサイトを移設することは、Webサイトを新規に立ち上げるよりも難解な手順が必要です。ただ移し替えて済めばいいのですが、Webサイトでビジネスに関わっているとすると、その移設のタイミングが「ロス」になります。Webでのビジネスは、24時間365日、止まりません。いつ、誰が見るかわからないからこそ、そこに「存在している」必要があるのがWebサイトです。Webサイトはその存在自体が収益を上げるための第一歩であり、分野によってはビジネスの入り口となるようなものです。

ここまで記してきましたが、「オールドドメイン」が「なぜビジネスに有利」なのかがピンときた方はいらっしゃるでしょうか。理屈は単純なのです。「人に見られて収益を上げるWebサイト」は、多くの人に見られなければ進化を発揮できません。発揮できないというか、存在している「意味」がありません。Webサイトがその存在を意味あるものにする瞬間は、「誰かに見られている時」なのです。つまり、「沢山の人に見てもらうための工夫」がそこになければ、適正なビジネスWebサイトの運営とはいえません。「沢山の人に見てもらうにはどうすればいいか」という取り組みの中で、このドメイン年齢を気にする必要があります。

SEOは検索エンジンに対してWebサイトを「適正化」するという取り組みです。それは現在の人のインターネット行動の大部分が「検索」に占められていて、その結果表示される「検索順位」がWebページへの流入量を左右するからです。沢山人が集まるWebページは、ただそれだけで収益が上げられたりします。逆に、「誰も見ない」Webページは「存在しない」ことと同じです。存在しないWebページを管理、運営することは、まったくの「無駄」です。

「意味のないこと」から「意味のあること」へと昇華させるために重要なこと。それがSEOであり、そのSEOに「ドメイン年齢」は深く関わっています。ドメインと検索エンジンの関係を知ることで、有利にWebサイトの適正化を進めることができるようになるのです。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.